ちみんのブログ

(瀬戸弘司の動画が好き)

【レシピ】ワガママな彼も大満足の親子丼

こんばんは、ちみんです。

うちの彼は食の好みがかなりうるさいです。

「ここのお店は、値段の割には食べ応えがない。」とかだったら可愛い感想なのですが、既製品で賞味期限過ぎても大丈夫そうな食べ物(缶詰・調味料等)が1日でも期限切れになっていたら、気がつかない間に捨てられています。

一番厄介なのは「…冷凍ご飯は食べたくない」事案。「…何様のつもりじゃ!( ゚д゚ )クワッ!!」

卵が命!ワガママ王子の満足度も高い「親子丼」

f:id:chimin0131:20160229194815j:plain

▼材料(1人分)

・鶏モモ肉 100g
・玉ねぎ 1/2玉
・卵 2個
・白米 ご飯茶碗1杯分
・ストップウォッチ 必須

▼調味料(1人分)

・酒  大さじ1.5
・砂糖 大さじ1.5
・醤油 大さじ1
・水  80cc
・顆粒和風だし 小さじ1/3


▼作り方

1週間毎日お仕事後に親子丼を作り続け、絶妙な火加減・味を突き詰めたので、必ずストップウォッチ(スマホに内臓されているものでもOK)を用意してね。

1:玉ねぎの下準備をします。

玉ねぎは[http://www.kikkoman.co.jp/homecook/basic/vege_cut/comb.html:title=くし切り]にしたら、耐熱皿に乗せラップをふんわりかけて、600ワットで1分程電子レンジ加熱をします。くたっとしていたらOK! 火が通りやすくなるので、時短にもなります。
f:id:chimin0131:20160218135650j:plain

2:鶏モモ肉を切ります。

鶏モモ肉は食べやすい大きさ1口大に切ります。めんどうな人は「鶏モモ肉 唐揚げ用」というカットされたものを使うのもいいかも。

3:調味料を合わせます。

酒・砂糖・醤油・水・顆粒だしを小さな器で合わせておきましょう。食材に味が馴染みやすくなります。

4:玉ねぎと調味料を煮ます。

はい!ここからが本日の本番です!必ずストップウォッチorタイマーをご用意ください。親子丼はたまごの火加減が命!気をぬくとすぐに卵焼き(肉入り)が出来上がってしまうので、ご注意を。

小さめの鍋に3で合わせた調味料と玉ねぎを入れ、中火で2分煮ます。
f:id:chimin0131:20160229193826j:plain


5:鶏モモ肉も加えて煮ます。

一口大に切った鶏モモ肉も加えて、更に中火で2分煮ます。鶏肉の表面が全体的に白っぽくなってくればOK。
f:id:chimin0131:20160229194103j:plain


6:たまご第一弾を投入!

たまごは、玉ねぎや鶏モモ肉を煮ている間に溶き卵にしておきましょう。全混ぜというよりも、白身がちょっと残っているくらいの粗めな溶き卵の方が私は好み。

たまごは2回に分けて、火を入れていきます。1回目は全体の2/3のみ使い、鍋肌からぐるっと全体にたまごをかけていきます。
f:id:chimin0131:20160229194316j:plain

たまごを加えたら、すぐにをし、弱火で2分。(無い場合はアルミホイルなどで代用)この時、強火や中火のままだと、卵焼きになってしまうので要注意ね。


7:たまご第二弾を投入し、仕上げます!

残りの溶き卵も全体にぐるっと加えたら、蓋をして、中火で10秒。ここは自分で数えればOK!

8:できあがり〜

あつあつ白米の上に、そそそそ…と鍋から親子達を移動させれば完成!
(冷凍にしておいたご飯も、これならバレない♡)

f:id:chimin0131:20160229194815j:plain


親子丼は親(鶏)と子(たまご)の甘い愛情ハーモニー。疲れて帰ってきたけれど、自分を甘やかしたい時にも、ワガママな彼を黙らせたい時にもおすすめです!

是非明日の晩御飯に試してみてね。
ちゃお!