ちみんのブログ

(瀬戸弘司の動画が好き)

【レシピ】クイック朝ごはんには「食べるノンアル甘酒」が鉄板!

こんにちは!ちみんです!

みなさんは朝ごはん食べれる人ですか?
一人暮らしになって、朝を抜いていた時期もあったのですが、何も食べない日の非効率っぷりは異常。じゃあ出社後にと思い「おにぎり」を持参するも、朝寝坊すると作れない。たどり着いたのが、甘酒(ノンアル)!

甘酒は「飲む点滴」と言われています。

ビタミンとか、必須アミノ酸とか、身体にいい何かが豊富らしいんです。(各自ググってください。)江戸時代の夏バテ対策には甘酒が飲まれていたほど、実は日本人の暮らしに密着していた甘酒。

でも初詣の時しか飲まないって人もいいんじゃないかな。初詣の甘酒は、酒粕を溶かして砂糖を混ぜています。私は苦手。

今回ご紹介する甘酒は、酒粕を使わず、米麹を使います。しかも超簡単!マジオススメ!

成功のコツは手抜き!「食べるノンアル甘酒」

f:id:chimin0131:20160409232536j:plain

▼材料(1回分)

・お米 1合分
・生米麹 160g
・水 250cc
・炊飯器 必須!

※分量はだいたいでおK。

▼作り方

1:炊飯器の「おかゆモード」でごはんを炊きます。

今回は全て炊飯器頼りです。
1合分のお米を「おかゆモード」で炊きます。


2:おかゆに「水」を入れます。

ホカホカのおかゆの温度を50〜60℃に下げるために水を入れます。この時炊飯器の電源は消さないでね。
おしゃもじ等で全体を混ぜてください。


3:おかゆ水に「米麹」を入れます。

麹を入れて、よくかき混ぜます。


4:麹おかゆ水を「保温」します。

f:id:chimin0131:20160406114004j:plain
炊飯器を「保温モード」に変更し、清潔な濡れ布巾をふんわりとかけて、8時間保温。
この時、炊飯器の蓋は開けっ放しにしましょう。温度を常に60℃程度に保つためです。
2時間に一回程度、全体をかき混ぜるといいそうですが、私は寝ている間に作るので完全放置です。



5:出来上がってる!?

f:id:chimin0131:20160406114026j:plain
おはよ…あれ!?何もしてない間に、出来上がってる。ほかほか朝ごはん。
サラサラしている飲む甘酒ではなく、どろっとした甘い食べ物が登場します。
夜の間にセットして、朝出来上がっているという素晴らしさ。甘みがあればOK!



6:保存する場合は。

f:id:chimin0131:20160406120928j:plain
1回では食べきれない方は、きちんと保存しましょう。
小さなお鍋に移動して、弱火で5分ほど加熱。沸騰しない程度にくつくつさせることで、保存中の発酵を止めます。
火から降ろし、お鍋ごと冷水で冷やします。
煮沸消毒した容器に移して、冷蔵庫で10日くらい、冷凍でも1ヶ月くらいは保存可能です。



7:クイック朝ごはんとして、食べる。

大きめのスプーンで3杯くらい。ヨーグルトのようなテンションで毎朝食べています。フルーツを入れても美味しいし、温めても冷たくてもイケル!お米を使っているから、お腹にもたまるし、お通じもよくなります。


麹とか発酵についてもっと知りたい!

という方は「小倉ヒラクさん」のブログで学習してくださいませ。
hirakuogura.com


麹ってどこで買えるの!?
と聞かれたのですが、私は近所の八百屋さんで買ってます。ちょっと良いものを扱っているスーパーとかならあるかもしれません。

または、ネットで購入!


是非今週末、試しに作ってみてください♪
ちゃお!