ちみんのブログ

(瀬戸弘司の動画が好き)

1月31日は愛妻家の日!奥様に感謝を伝えてね。

こんにちは、ちみんです。

FREE2日目にしてご褒美日になってしまい、今後順調に生きて行けるのかちょっと不安w
彼と彼の仲間達(同僚)からはサプライズでお誕生日を盛大に祝ってもらい、25歳良い笑い納めになりました。
IREMONO(https://iremono.co.jp/)のみんなありがとう!

 

過去と未来を行き来しながら、思考を深めていく時間。
今日は「おもしろい!で行動は動かせる」ことを知った、あの衝撃経験について。


20歳前後の当時「ソーシャルグッドなことで世の中を良くするには。」という壮大なテーマをぼんやり思い浮かべながら生きていました。
今ではかなり有名になったけれど、立ち上げ後のgreenz.jpから必死に情報を収集してみたり、自分でも当時所属していたNPO内で幾つかのプロジェクトを立ち上げてみたり…

意義があること、社会に還元できる活動をしているけれど…
偽善っぽく見えてしまうこの現状が歯がゆい!

なんか面白くないな…と悶々していた私が、どうしようもなく未来に希望を持てた出来事。
それが「キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ」というプロジェクト。


全国のキャベツの総出荷量の半数をしめる、群馬県嬬恋村(つまごいむら)。
その嬬恋村のキャベツ畑の真ん中で、妻に恋する男性たちが、愛を叫ぶという日本愛妻家協会さん主催の企画。

…え、嘘でしょwダジャレwww



「妻というもっとも身近な赤の他人を大切にする人が増えると、世界はもう少し豊かで平和になるかもしれない。」

両親や祖父母に感謝をする日はあるけれども、最も身近なパートナーに改まって感謝を伝える日は無い。しかも、ちょっぴり恥ずかしい。
もし、その行動を取りやすくできるのならば…と生まれたキッカケが先ほどの「キャベチュー」

その他にも、

愛を叫ぶシリーズ「日比谷公園の中心で妻に愛を叫ぶ(ヒビチュー)」
足形の上に足を載せるだけでハグが出来ちゃう「HUGマット」

そして、制定しちゃいました。
「1月31日は、愛妻家の日」

そう、私の誕生日は愛妻家の日だったのです。
もう大興奮!


▼日本愛妻家協会
http://www.aisaika.org/index2.html


そのプロジェクトの仕掛け人の方は、「TOKYO SMART DRIVER」という交通安全プロジェクトも立ち上げていました。

「〇〇はダメ!」

「◇◇は危ない!」

なんて言われても、人間なかなか聞く耳を持てないものですよね。
だったら、褒めればいいのでは?

そこで彼らは、無意識の思いやりがある人たちを「スマートドライバー」と呼び、高速道路で安全運転をしている人に対して「いいね~!」と褒め続ける「ホメパト(褒めるパトカー)」を走らせました。

活動開始時は首都高では年間約12,000件もの交通事故が起きていたそうですが、活動開始2年後には首都高交通事故件数を約1,600件も減らすことに成功したそうです。

TOKYO SMART DRIVER
http://www.smartdriver.jp/

その時「暮らしやすい世界を作ることは、相手が思わず行動しちゃうような仕掛けを作ればいいのかも」と初めて気が付きました。

「○○地域には、貧困で学校に通えない子どもたちがいます!彼らを救いたいので学校を建てたい!皆様の暖かいご支援とご協力をよろしくお願いいたします!!」

…だけが正解じゃない!面白くて笑っちゃうような出来事で、少しだけリラックス出来ればいいのかも。。

 

うわ!こんな時間!!
明日は朝からスノボらしいので、まとまりきってないけど、寝ます!

とにかく、おもしろいっっ!!と目が輝いてしまうことだけ選んでいきたいな。

ぐんない。